SCHBIIS シリーズ

SCHBIIS シリーズ画像処理は
 ○ 画像処理ユニット
 ○ 制御機器
 ○ オペレーション・データ管理
これらを一つのシステム内で全て独立させ、高速処理、大容量データ管理を両立させたシステムです。
 
画像処理ユニットには、KEYENCE XG シリーズ若しくはCV シリーズ、FAST WIL 等を、
用途に合わせて選定し、統合ソフトから独立し画像処理ユニットとして動作します。
各ユニット間のI/F は、TCP/IP 通信や、ActiveX 等で接続します。
制御機器には、三菱PLC(Q シリーズ)、KEYENCE KV シリーズ、I/O ボード、軸コントロールボード等、用途に合わせて選定します。
各機器との接続は、MC プロトコルや、独自プロトコル、ActiveX 等で接続します。
その他、A/F ユニット、光源ユニット、外部通信、Camera 通信(RS232C、Camera Link 等)、様々な機器との接続を一つのシステムで統合します。
 
ターゲットに合わせてフルカスタマイズでアプリケーションを作成しますが、
豊富な社内ライブラリを使用し、短期間で開発を行います。
 
導入実績
 ○ 液晶ITO 膜 アライメントマーク検査装置
  ・FAST WIL
  ・FLOVEL A/F Unit 通信制御
  ・FLOVEL 500万画素カメラ通信制御
  ・光源外部調光
  ・三菱PLC 通信(MC プロトコル)
  ・検査レシピ機能

 ○ コンタクト検査システム
  ・KEYENCE CV シリーズ
  ・CV 専用プロトコル通信
  ・I/O ボード制御
  ・KEYENCE KV PLC 通信(専用シリアル通信コマンド)
 
 ○ 基板検査システム
  ・KEYENCE XG シリーズ
  ・XG 専用プロトコル通信 + ActiveX
・KEYENCE KV PLC 通信(MC プロトコル)
  ・X・Y・Θ、軸制御
  ・光源外部調光

特殊でマニアックなシステムをスピーディーに作成します。